• トップ /
  • 初診で歯科医院に行くポイント

初めて行く場合の歯科医院

急に歯が痛くなったり、銀歯が取れたりして、歯科医院に急いで行きたいと考えることがあるでしょう。初めて行く場合は、初診という扱いになり、問診票やカルテの作成を行わなければいけません。患者さんは早く痛みをとりたくて駈け込むこともあるでしょうが、歯科医院は多くの場合予約制です。そのため、初診であっても行く場合は予約をするのがポイントです。電話などで痛みなどの状態を伝えて、あいている時間を教えてもらいましょう。歯科医院側は1日の予約がうまっていることもありますが、できるだけ待ち時間の少ない時間帯を教えてくれます。初診の場合は、レントゲンなどの検査を行うので、予約の時間より少し早めに行くのがポイントです。歯科医院を選ぶ際には、通いやすいことなどを基準にして選ぶといいでしょう。ポイントとして、初診で通いやすいところを見つけると、次からも受診しやすくなり、定期検診を受けられるようになります。結果的に歯を守ることにつながるので、歯の寿命が延びて、いつまでも自分の歯で噛めるようになります。毎日の生活の中で行う歯磨きの方法なども教えてもらうことができ、自分に合った歯の磨き方を学ぶことが出来るメリットもあります。

↑PAGE TOP

Menu