• トップ

歯科での初診の特徴について説明

「歯科医院」という言葉を聞いただけでも「痛い」「不安」「怖い」などのマイナスなイメージが出て来ます。しかし「歯」という物は誰しもが痛くなったり治療が必要になったりするものです。その時にどんな事をされるのか不安になりますね。かかりつけ医ではなく飛び込みで「歯科」へ行った場合初診扱いになるので、まず問診票を書かされます。これは、総合病院だろうが個人病院だろうが何の科だろうが書かされることです。ここでのポイントは、嘘を付かず正直に書くということです。他の「歯科」へ掛かったことがある場合は、必ずそれを記載する事。そして呼ばれたら先生にもう一度初診であることを伝えるということです。嘘を付いても口の中を見れば、初診のなのか違うのかわかるようです。また、特徴としては同じように問診票を書くこと。そして、どのような症状なのか歯の中がどうなっているのかなど明確的な特徴を示す事。自分が今までどのような治療をされたのか治療の特徴を詳しく伝える事などが大事になってきます。どのような症状であろうが先生に聞かれたことは、嘘をつかず素直に答えるようにしましょう。素直に答えないと治療方針を考えるのが難しくなり治療が進まなくなってしまうからです。

↑PAGE TOP

Menu